FANDOM


テンプレート:漫画オバタリアン』は、漫画家堀田かつひこ作の4コマ漫画。『まんがライフ』『まんがライフオリジナル』『本当にあった愉快な話』など(いずれも竹書房)に連載され、1988年から1998年にかけて、同社から全13巻が刊行された(2000年以降、一部再版)。

この作品から派生して、あつかましい中年女性などのことも「オバタリアン」と呼ぶ。#派生を参照。

概要 編集

語源は、1986年公開のホラー映画バタリアン』から(「おばさん」と「バタリアン」のかばん語)。「Battalion」は英語で「大隊」や「大群」を意味する。庶民的な中年女性を風刺したもので、特に世間に対し無神経に迷惑をかける姿を描いたものが多い。

サンライズ制作でテレビアニメ化されたこともあり、1990年4月3日テレビ朝日で放送された。アニメ版はビデオ化されているが、2011年現在入手困難。

登場人物 編集

アニメ版 編集

スタッフ 編集

  • 監督:アミノテツロー
  • 演出:江上潔、山口美浩、渡辺信一郎、秋山浩之
  • 脚本:雪室俊一井上敏樹、外池省二
  • 音楽:田中公平
  • キャラクターデザイン:稲野義信
  • 総作画監督:稲野義信
  • オープニングテーマ曲「オバタリアンのテーマ」
  • エンディングテーマ曲「母ちゃん」
  • OP・ED共に歌・作詞・作曲 THE真心ブラザーズ(レコード EPIC・ソニー)

派生 編集

テンプレート:要出典範囲に採用された、おばさんのマナーへの憂いをつづった投書にこの語が用いられていたことから、一気に認知度をあげ、傍若無人な彼女たちを痛快に揶揄する言葉として多用されるようになった。現在テンプレート:いつでは主にあつかましい中年女性を指す代名詞ともなっている。

当時政治家土井たか子はこの言葉を逆手にとって愛用し、1989年新語・流行語大賞では流行語部門の金賞に選ばれ、土井と堀田が共同受賞している。

一方、フジテレビ系において特別番組『わてら陽気なオバタリアン』も放送されている。

漫画 編集

9巻以前の本にはバーコードISBNコードは無い。

テンプレート:Anime-stub

en:Obatarian

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。