FANDOM


高松 信司(たかまつ しんじ、1961年12月3日 - )は、日本男性アニメーション演出家、アニメーション監督

概要・人物 編集

演出家・監督として、ガンダムシリーズ勇者シリーズ1980年代から1990年代サンライズアニメに携わる。近年は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『スクールランブル』『銀魂』などの人気漫画のアニメ化を中心に手がけている。仕事の際は複数のペンネームを使うことがある。

経歴 編集

栃木県宇都宮市出身。栃木県立宇都宮東高等学校[1]法政大学文学部中退。

1983年日本サンライズへ入社[2]高橋良輔監督の下で『装甲騎兵ボトムズ』『機甲界ガリアン』などの制作進行を務めた後、富野由悠季監督の下で『機動戦士Ζガンダム』の設定制作を経て同作品で演出デビュー、『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とガンダムシリーズに携わる。OVA『SDガンダム』シリーズで初監督。勇者シリーズにはスタート時から参加、3作目の『伝説の勇者ダ・ガーン』では谷田部勝義監督を補佐する演出チーフを務める。翌1993年から『勇者特急マイトガイン』『勇者警察ジェイデッカー』『黄金勇者ゴルドラン』と3作品連続で監督を務めた。

1995年から放送された『新機動戦記ガンダムW』では、監督の池田成が突然途中降板したため、監督代行を務めた[3]。クレジットはされていない。これは『黄金勇者ゴルドラン』と並行しての監督作業だった。1996年には後番組の『機動新世紀ガンダムX』の監督を務めた。

その後、スタジオぎゃろっぷにて『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の3代目監督に就任[4]。その後6年間のテレビシリーズと劇場映画を2作品を監督したのち、4代目監督の高本宣弘に引き継いだ。2004年にはスタジオコメットにて『スクールランブル』を監督。また2005年の『銀盤カレイドスコープ』に関しては「タカマツシンジ(半角カナ表記)」名義となっており、最終回にはクレジットされなかった。

2006年の『銀魂』では、監督の他に録音演出やエリザベス役で声優[5]も務めている[6]。100話から105話は藤田陽一と共同監督。106話から監修となった。

2009年の『宙のまにまに』では全話の脚本も手がけた。

作品 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 高校時代より8ミリで自主制作映画、アニメを作っていた。自主制作上映会「アウトラインフェスティバル」の中心的人物の一人。自主制作映画『宇宙防衛軍ジェットマン』(後年放映されたスーパー戦隊『鳥人戦隊ジェットマン』とは無関係)で第4回グリーンリボン賞短編の部グランプリと大林宣彦監督賞を受賞。
  2. 笹川ひろしタツノコプロ出身のサンライズのプロデューサー長谷川徹を紹介した。
  3. 同作品のプロデューサーを担当していたサンライズの植田益朗(現在はアニプレックス所属)の要請だった。
  4. 高橋良輔の紹介だった。
  5. 「そのへんにいたオッさん」「アニメをつくってるオッさん」「監修やっているオッさん」と表記(セリフ時は口の中から本人の顔が映ることが多い)。
  6. 「こち亀」では2回ほど実写の顔出し出演をしている。

参考資料 編集

関連項目 編集

zh:高松信司

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。